menu

歪みを防ぐためにもストレッチで正しい姿勢を

32197

柔軟性は、筋肉が温まっているときにストレッチをすることで効果がアップします。
特に寒い時期は、運動の前はからだが冷えているのでストレッチをしても柔軟性は上がらず、かえって筋線維を痛めてしまう原因にもなりかねません。

準備運動としてストレッチを行うときは、最低でも20~30分以上からだを動かし、十分に温めてから行いましょう。

また、からだの左右、前後の柔軟性のバランスが悪くなることによって起きるのが歪みです。

骨盤の左右の柔軟性が違ったり、例えば、骨盤を支える筋肉の左側が右に比べ非常に硬く、右側が脆弱化していると骨盤は左側に傾いてしまいます。

そうなる原因として、普段の悪い姿勢の習慣が関与していると言われています。

柔軟性のあるバランスのよい筋肉を作るためにも、普段からからだを動かすことで習慣化し、正しい姿勢を保つことがとても大切ですね。