menu

眠っている筋肉を目覚めさせる

女性のお客様(40代主婦)は、家族全員でマンションの3階の自宅まで階段を使う生活に切り替えたら、それだけで2ヵ月後、なんと家族全員が平均して3キロ体重が落ちたそうです。ご本人もからだが軽くなったと大喜びしていました。

また、女性のお客様(40代OL)は,夜型の不健康な生活から朝型に切り替え、ほとんど食べる習慣がなかった朝食をとることに。8時起床(それ以前は9時、10時が当たり前だった)を心がけるようになったら、すこぶる体調がよく、仕事もはかどると報告してくれました。

S__294895621

こうした喜びの声を聞くと、非常に嬉しいですね。お客様は「習慣化」という最強の武器を手に入れたのです。習慣が変われば、身体は必ず変わるのです。

筋肉がつき始め、身体が引き締まってきた、動きが軽くなってきた、疲れにくくなってきた、などの変化を感じるようになるには、最低でも3ヶ月は必要です。

ずいぶん遠い先のように感じるかもしれませんが、エスカレーターを極力階段にする、会社・駅から自宅までの徒歩をキビキビ歩くようにする。これを3ヶ月続けてみて下さい。

運動習慣のなかった人は、それだけでも筋肉を増やすことはできるのです。まずは、使われずに眠っていた筋肉を目覚めさせることから始めましょう。

動きはじめて膝が痛くなった方は、
プライベートジムノバスのストレッチコースをご利用下さい。