menu

筋肉量が減ることのデメリット

34982

男性は、筋肉を作る設計図(男性ホルモン)をたくさん持っているので、筋肉を容易につけることができますが、女性は男性ホルモンが少ないので、筋肉をつけることは実は難しいす。

40歳を過ぎると、男女問わず筋肉量は下降の一途をたどります。

筋肉量が減れば、当然基礎代謝量が減るので太りやすくなります。

また、さらに筋肉量の低下が進めば関節を支えられなくなり、膝痛や腰痛、股関節痛などの原因にもなります。

そうなると、日常が非活動的になって太りやすくなり、さらに筋肉量が減っていきます。

男性ならともかく、女性が一度、筋肉を大きく落としてしまうと、もとの筋肉量に戻すのは並大抵のことではなくなってしまいます。

一生に一度のダイエットも良いですが、運動する習慣を身につける方がさらに良いです。

自分の体に投資しましょう。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

香川県保険医協会主催 医科・歯科合同ストレッチセミナー

61295915_2222433404543905_7075845692584886272_n

60981232_2245936172187938_7709621477783371776_n

医療従事者向けストレッチ
~セルフストレッチで疲れないカラダづくり~

医師・歯科医、多くの医療従事者の方々をサポートしてきた中で、「肩と腰が痛い」「疲れが取れない」この2つは圧倒的に多かった悩みです。

今回、自分のカラダの硬さや姿勢のチェック、疲れないカラダづくりを行えるセルフストレッチをお伝えしました!

審美系スポーツ経験者も参加していただき現在もカラダの柔らかさを保たれており、会場内からも驚きと拍手喝采^^

一度ストレッチを始めれば、もっとカラダを伸ばしたくなるはず^^

今回のセミナーが毎日付き合うカラダと向き合うきっかけになれば幸いです。

貴重な機会を与えていただきました、香川県保険医協会様、高松市歯科医院みき歯科三越通りクリニック三木武寛先生ありがとうございました^^

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

汗をかくと脂肪もその分燃焼する?

33045

「ジムに通い始めて一番変わったのは、汗をかく早さです」

「今では、走り始めたら10分もたたないうちに汗がふき出し、サウナでも人の倍は早く汗が出るようになりました!」

今まで運動をまったくしていなかった方が、定期的に運動するようになると、「汗をかくようになった!」と喜ばれることが多いようです。

いつも運動で汗をかいている人ほど、皮膚上の老廃物(垢)がたまりづらいともいわれています。毛穴の汚れがとれ美肌になるのであれば、嬉しいことですね。

そもそもなぜ運動習慣がつくと、汗をかきやすくなるのでしょうか?その理由として、「新陳代謝がよくなったから」とよくいわれます。

私もそのように、ポジティブなからだの変化の表現として使うときもあります。しかし「汗をかく量が増える=新陳代謝が上がる」ということが、本当にいえるでしょうか?

実は正確には、その表現は間違っているのです。

汗をかくのは外気温と体温の関係によってコントロールされているので、残念ながら脂肪燃焼とは関係がないのです。

人は暑いと感じると、皮膚の血管が拡張します。これは、血流量を増やすことによって体内の熱を放散させようとする反応です。

しかし、外気温があまりにも高い場合には、それでは追いつかなくなるので、そこで汗を出すことでコントロールしているのです。

この温度を感じとって、体温を適切な温度に保とうとする反応は、人間の感覚神経の働きによるものです。

定期的に運動するようになり、体温を上げたり下げたりのくりかえしをしているうちに、この神経の働きがちゃんと正常状態にできるようになってくるのです。

スイミングスクールに通っている子供は風邪をひきにくいと聞いたことがあるでしょうか?

これも、体温調節のトレーニングをくりかえし行っている成果として考えることができます。したがって、正確には「汗をかく量が増えた=通常の体温調節機能が働くようになった」ので、発汗量と脂肪燃焼量は完全に比例関係ではありません。

賢い汗の出し方をご紹介します!
①こまめに汗を拭くこと
②早めの水分補給を行う
③機能素材のウェアを着る

夏に向けてダイエット希望の方は、NOVASの無料カウンセリングをお試しください。
↓↓
プライベートジムNOVAS無料カウンセリング

INE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

大腿の内側は痩せにくい?

S__294559778

女性でプヨプヨしていて気になる箇所といえば「内腿と二の腕」がその代表ですね。

プヨプヨしているので、振るとか揉む、マッサージするなどで、少しは落ちるのではと勘違いしてしまう人が意外と多いのはうなずけます。

しかし、それらのことでその部分の脂肪を部分的に落とすことはできません。もし可能性があるとしたら、右内腿をマッサージしている左腕の肩まわりの脂肪なら少しは落ちるかもしれません。少なくとも右内腿の脂肪が燃える可能性よりも、はるかに可能性があります。

人間のからだはどの部分に脂肪がつきやすく、どの部分が落ちやすいのかは人それぞれ違います。脂肪がつく部位も個性があるのです。

人によっては内腿が痩せにくい人もいるかもしれませんし、そうでない人もいるかもしれません。
しかし、絶対に内腿の脂肪を落とすことができないわけではありません。

摂取カロリーを減らし、有酸素運動で消費カロリーを上げ、内腿だけでなく、下半身全体の筋トレを行えば、内腿の脂肪も落とすことが可能です。

内腿を鍛えるポイント!

①自宅で鍛える方法1
バランスボールやクッションを使って行うトレーニングです。
膝立ちの体勢で足の内側にバランスボールを挟み、内腿でボールをつぶす動作をくりかえします。ボールがない場合は、立位の体勢で膝の内側にクッションを挟み同じくつぶす動作をくりかえします。

②自宅で鍛える方法2
自体重で行うトレーニングもあります。
横向きに寝て、上にある脚の膝を軽く曲げて前に出し、床におきます。そして、下になっているほうの脚を上げ下げします。左右の脚を交互に行います。

③フイットネスクラブで鍛える方法
フイットネスクラブなどのマシンで鍛えている人は、「インナーサイ」「アダクション」などの種目が内腿を鍛えるマシンになります。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

健康とパフォーマンスをアップする睡眠の技術

33438

10連休、健康とパフォーマンスをアップする睡眠の技術

10連休中のうちから意識してほいしことナンバーワン。

連休ボケして体調崩さないようにお気をつけ下さい。笑

睡眠に加え、軽い運動とストレッチをオススメします。

————————
LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください
↓↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

ダイエットしても下半身は痩せない?

34121

女性ならば誰でも気になる下半身。この理由は骨盤の大きさにあります。女性は男性に比べて骨盤幅が広いため、どうしても下半身はしっかりした印象になりやすいのです。

肩幅や足のサイズが人それぞれ違うように、骨盤の幅も同じ女性でも広い人もいれば狭い人もいます。もともと骨盤幅が狭い人と同じ下半身になろうと思っても、完全に同じになることは不可能と考えられます。

よく骨盤を引き締めるエクササイズや整体法などが紹介されていますが、画期的に見た目が大きく変わるほど改善させることは難しいのが現状です。

しかし、ダイエットの揺るぎない基本として、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回り、筋肉量が増えれば、リバウンドの可能性も低く効果的に体脂肪を燃焼できます。

ここで重要なのは、「何ヵ月かけて体重を落としたか」です。

1~2ヵ月で落とすと、明らかに筋肉量も落ちてしまいます。つまり、脂肪よりも比重が重い筋肉が減れば、体重は大きく下がります。

食事制限だけで行った場合は、筋肉量が減少してしまうのは否めません。しかし、筋トレを併用して半年ぐらいかけて落とせば筋肉量は増え、体脂肪を効率よく落とせ、さらにリバウンドもしにくくなります。

ウォーキングは有酸素運動ではありますが、筋トレではないので下半身の筋肉量を増加させることは難しいでしょう。

きれいな脚を作るポイント!

①内腿を鍛える
O脚はどうしても脚の外側に筋肉がつきやすく、視覚的に脚が太く見えてしまいます。O脚の原因はさまざまな要因が重なっていますが、女性に多い主な原因は内腿の筋力低下によるものです。

②むくみをとる
脚のむくみの主な原因は、下半身の筋力低下によるものです。筋トレをしないでいると、ますます脚はむくみやすくなり太く見えてきます。下半身の体液の循環を担っているのが、第二の心臓と呼ばれる下半身の筋肉です。

③階段を使う
毎日駅や会社の階段を使うだけでも、下半身の筋肉量が増えることは証明されています。まずは階段を使う習慣をつけて脚が引き締まってきたのを実感し、モチベーションが上がったところで筋トレに取り組むのも継続につながる秘訣です。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

女性の皮下脂肪はやっぱり減らしにくい?

34120

女性と男性の体型の大きな違いは、丸みのある身体とゴツゴツした身体。

女性特有の丸みのある身体を作ってくれるのが皮下脂肪です。
摂取カロリーよりも消費カロリーが下回り、余ったカロリーは体内で体脂肪として、蓄積されます。

その際に男性は主に内臓脂肪として蓄積されるのに対し、女性は主に皮下脂肪として蓄積されます。これは、女性ホルモンが関与していると考えられています。

したがって、女性は皮下脂肪がつきやすいのはふつうのことなのです。
有酸素運動をしたり摂取カロリーをコントロールするようにすると、最初に内臓脂肪が使われます。皮下脂肪はエネルギーとして使われる優先順位が低いです。

これが、皮下脂肪が落ちにくいといわれる理由です。
そして、この作用は人間の生命にも関係する重要な作用でもあります。

内臓脂肪が多いと生活習慣病のリスクは高くなりますが、皮下脂肪はいくら多くても生活習慣病には直結しません。つまり、病気になるリスクのある脂肪は先にエネルギーとして使ってしまうという、人間のとても重要な作用でもあります。

体脂肪率の高い男性が健康診断でチェックされることは多いですが、女性は高い体脂肪率でも健康体といわれる人も多いです。しかし、生活習慣病になりにくいといわれても、見た目としては落としたいものです。

二の腕の皮下脂肪を落とすポイント!

①二の腕の筋肉をつける
腕立て伏せは主に大胸筋のトレーニングですが、その動かし方の特徴から二の腕のトレーニングにも十分なります。

②より二の腕に効く腕立て伏せ取り入れているようです。
通常の腕立て伏せは脇を空けたまま行いますが、大胸筋よりも二の腕に効かせたいのであれば脇を締めるとよいでしょう。ちょっときついトレーニングですが、胸よりもしっかり二の腕に効きます。

③筋力がなくても腕立て伏せはできる
足を伸ばさなくても大丈夫です。膝をついたままでもいいですし、床ではなくて机などについて行ってもかまいません。15回ぐらいが限界だと感じる強度に設定して2~3セット、週3回、3ヵ月続けてみて下さい。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

女性らしいしなやかな筋肉をつけられる?

33809

テニス選手は、ラケットを持つ側の筋肉(腕や背中・胸など)が明らかに発達していきます。
これは、男女を問わず起きる現象です。

つまりよく使う側、よく使う筋肉は発達していきます。

このように、左右非対称のスポーツをしていた経験があったり、今もしている場合ももちろんですが、そうでない場合は、普段の生活で毎日行う動作が関係しています。

その代表的な動作が、「歩く・座る」です。

歩く動作一つとっても、履いている靴の種類が変われば下半身の筋肉の使われ方は変わってきます。

また、歩き方も影響します。

腿の前ばかり使う癖があれば、腿の前が張ってくるでしょう。足首が使えていないと、ふくらはぎの位置が下がって見え、足首が太くみえるでしょう。

バッグを持つ腕や掛ける肩も影響します。
いつも同じほうで重い荷物を持てば、もちろんそちら側の筋肉が発達していきます。

①歩き方
②座り方の癖
③筋トレのフォーム

普段から行っている動作をふりかえり、修正していくことで筋肉のつき方は変わっていきます。
生活の中で偏ったボディバランスを修正していきましょう!

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

つきすぎた筋肉はとれる?

33813

☑︎若い頃にバレーボールをしていて、大腿の前の張りがいまだに残っている
☑︎まっすぐな脚になりたい

学生時代に部活動にがんばっていた方では、このように悩まれる方もいます。
まず、人間は一部分の筋肉だけを落とすことは不可能です。

体脂肪も同じことで、何かのメソッドをしたり、何かを塗ったり、食べたりすることで、一部分の筋肉や脂肪だけを落とせるような、作り物のようなしくみにはなっていません。

しかし、からだ全体の筋肉量を減らすことはできます。
炭水化物やタンパク質の摂取を極端に減らして激しい運動を続ければ落とせます。

ただしご想像のとおり、健康的な見た目とはかけ離れてしまいます。

以前、ある俳優さんの約作りのための体型作りをサポートしているテレビ放送の中で、この方法と同じように行うと、わずか1ヵ月でかなりげっそりした病的な役が似合う見た目になっていました。

しかし、撮影が終わってからはすぐに元に戻っていました。筋肉量が減るということは、基礎代謝量も減るということなので、リバウンドしやすい体質にもなります。

張った筋肉を改善するポイント!

①ストレッチを実践
柔軟性の低い、硬い筋肉は、ケガの原因になるばかりでなく、パツンと張った肥大したような見た目になります。血行のよい筋肉にするためにも、ストレッチを日常的に行いましょう。

②シューズを変えて正しく歩く
女性はヒールやミュールなどを履くことが多いと思いますが、それらでバランスのよい筋肉の使い方で歩くことは不可能です。とはいっても、履かないわけにはいかないこともあるでしょう。休日にはスポーツシューズなどを履いたり、家では裸足で歩くなどして正しい歩き方を習得してください。

③専門家と出会うことが一番の近道
トレーナーの中でも、それぞれ専門(得意)分野があります。
それぞれの現状に対して、得意なトレーナーと出会うことが一番の近道です。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

美容ストレッチサロンマントルが、美ST6月号に掲載されました。

61667192_1163597313841708_588026742749265920_n

全国誌での掲載は初めてになります。

美STさんありがとうございます^^

61352452_1163597303841709_45884587322114048_n

「背中に翼が⽣えた」と感じる爽快感

これはお客様からいただいた感想です。

マントルストレッチは、「筋⾁」「神経」「⾎管」 を緩める独⾃のテクニック。

⽼廃物の分泌を促進させ、「背中に翼が⽣えた」と感じるストレッチは全メニューにイオン球®を導⼊してます。

国から「鍼と同等の効果が期待できる」と認められた医療機器は、⽣体電流を整え様々な不調を緩和することができます。

また、オプションメニューの⼩顔ストレッチ®は、⾻格を変えることなく顔の引き締め、リフトアップ が可能になり、顔のたるみ・むくみ・しわの予防 改善に繋がります。

癒しよりも「変化」にこだわり、「いつまでもキレイ」をサポートします。

女性からは表情筋の引き締め、男性からは眼精疲労の緩和ができると喜ばれています。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram