menu

走る前のストレッチはケガのもと?

34933

準備運動は、英語でウォーミングアップといわれるように、体を温めることが本来の目的です。

そもそも、なぜからだを温める必要があるのでしょうか?

外気温が低いときや体を動かしていないときは、筋肉自体の温度(以下筋温)が低い状態になっています。

筋温が低いと筋の粘性が高い状態になり、筋肉がスムーズに収縮・伸張をすることができなくなります。

お風呂から上がったときは体が柔らかくなっています。これは筋温が上がり、筋の粘性が高い状態で思いきって静的なストレッチを行うと、筋線維に傷をつけてしまう可能性があります。

では、静的なストレッチだけでは筋温は上がらないのでしょうか?これは研究者や専門家の間でも諸説があり、強いストレッチをいきなり行うのはたしかによくないのですが、静的なストレッチをしても筋温は上がるという見識者もいます。

静的ストレッチとは、止まった状態で筋肉を伸張させるものです。

代表的なものは、片腕を持ち上げて肘を曲げ反対の手で肘を持ち上げ二の腕のストレッチ、腿を前後に大きく開き、かかとをつけたまま上体を前傾させるアキレス腱周辺のストレッチなどがあります。

動的なストレッチとは、ラジオ体操のようにリズミカルに関節を回したり、からだをひねったりして前後左右に対照的に動かす動作のくりかえしです。

一般の人はストレッチのバリエーションも少なく、行う時間も短いなどの要因によって筋温が低いときに静的なストレッチを行っても、柔軟性が上がり関節の可動域が広がることにつながりにくいと考えられます。

それよりも、軽いジョギングやウォーキングから始めるほうが明らかに変化があります。

実際にプロスポーツの世界でも、準備運動の順番は最初にジョギングでからだを温めることから入るケースも多いです。

香川県でも少ないストレッチ専門店で、体を伸ばしてみましょう。
ピンときた方は、「美容ストレッチサロン マントル」をご利用下さい。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

香川県消防職員協議会青年部勉強会

34769

レスキュー・消防職員の方々に「ひとの身体の動きと仕組みについて」お話しさせていただきました。

筋肉ムキムキのボディビルダーのような短期決戦型の身体ではなく、長時間の消防現場活動でも持続でき、四肢の動きが柔軟で現場に即した身体作りを意識するようにお伝えしました。

消防職員の皆さんは、純粋に市民の安全を守るために日々過酷な訓練に耐え華麗な技術に磨きをかけています。

見えない努力によって私たちの日常が守られているということを、少しでも知っていただければ幸いです。

今回、貴重な機会を与えていただきました、香川県消防職員協議会さんありがとうございました。

現在、企業向けのストレッチセミナーを積極的に行なっています。

S__298926143

気になる方はこちらからお問い合わせください^^
↓↓↓
ストレッチセミナーお問い合わせ

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

健康とパフォーマンスをアップする睡眠の技術

33438

10連休、健康とパフォーマンスをアップする睡眠の技術

10連休中のうちから意識してほいしことナンバーワン。

連休ボケして体調崩さないようにお気をつけ下さい。笑

睡眠に加え、軽い運動とストレッチをオススメします。

————————
LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください
↓↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

結果が出ない人の「勘違いダイエット」行動

結果が出ない人の「勘違いダイエット」行動

専門のパーソナルトレーナーをつけると、このような勘違いダイエットにはなりません。

よく「パーソナルトレーニングは高い」と言われますが、豊富な知識、実績、信頼のあるトレーナーだと効果が全く違います。

パーソナルトレーナーをつけて、「マンツーマントレーニング」
開放型フィットネスジムで、「セルフトレーニング」の併用をお勧めします。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

「疲れが慢性的な人」が知らない運動の新常識

「疲れが慢性的な人」が知らない運動の新常識

☑︎休み明けなのにカラダがだるい
☑︎月曜日から疲れてる
☑︎休みの日にマッサージ受けているが良くならない

仕事始めの月曜日はこのように悩んでいる人が非常に多いです。

企業や団体を対象に生活習慣のセミナーをする機会がありますが、20分程の軽い運動で「肩こり腰痛がしなくなった」と驚かれる方が多いです。(特にデスクワークの方々)

不調の原因は運動不足です。

カラダを動かして積極的な休養をしてみましょう!!

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

パーソナルトレーナーの価値

「業績を上げるパーソナルトレーナー」脇坂です。

パーソナルトレーニングをすると業績が上がります。(トレーナーにより個人差があります笑)

今までたくさんの経営者やビジネスマンの方々を担当してきましたが、トレーナーを「専属の体調管理者、パートナー」として考える人が成功しています。

逆に全てを任せようとする人、他力本願な人は成功しません。

↓↓↓リンク↓↓↓
「デキない営業」がしている無駄な働き方5つ

ボディメイクの成功は当たり前です。

その先に得られるものをしっかりとご提案するので、成功している人は更に成功します。

大事なのは「セルフコントロール」です。

LINE@やInstagramを登録し、お得な情報をGETしましょう。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@
美容ストレッチサロンマントル LINE@
Instagram

年齢とともに疲れやすくなるのは本当?

33048

「若い頃はあの程度のサッカーのプレーなら、翌日に疲れはまったく残っていなかったのに」
「週末のゴルフの疲れが、火曜日になってもとれない」

というように、年齢を重ねることによって、「疲労からの回復がおそくなってきたのでは?」と感じる人は少なくないでしょう。

10代や20代の頃は代謝能力が高く、疲労から回復するスピードも速いのですが、加齢することによって代謝能力は低下し、疲労回復が遅くなってしまうのです。

しかし、筋肉量や筋力は、40代になっても20代と同じレベルにキープすることは可能です。正しいトレーニングや食生活を続けることができれば、これは決して不可能ではありません。

肉体を追い込むプロアスリートではなく、一般的なビジネスマンにとっての疲労は、すべてが肉体的な疲労ではない場合も少なくありません。

人間の疲労には脳の疲労もあり、よほど激しい運動をしていないのであれば脳の疲労の可能性のほうが高いのです。

肉体的な疲労であれば、とにかく安静と睡眠が疲労回復に効果的ですが、脳の疲労の場合は肉体的疲労ではないので、からだを休ませることよりも血液循環させることのほうが重要です。からだを積極的に動かして、運動することのほうが回復への早道なのです。

長時間のフライトや高速バスに乗っての旅行のように、長時間座席で同じ姿勢をとり続けると、血液が十分に循環しません。本来、人間のからだは運動などをすることによって筋肉が伸び縮みし、同時に血管が動かされることによって血流が促され血液が濾過されるのです。

こうした長時間のフライト後などはホテルに到着したら休息するよりも、軽い運動やストレッ筋肉を動かすことで、血液の循環をよくすることが疲労回復の近道となります。

<ポイント>
疲労の原因の判断が大切!
①代謝能力の低下が疲労回復を遅くする
②肉体の疲労なのか脳の疲労なのか正しく判断する
③長時間同じ姿勢のときは、筋肉を動かす

プライベートジムNOVASのLINE@にご登録すると、お得な情報をGETできます。
こちらからご登録ください↓↓
プライベートジムNOVAS LINE@

歪みを防ぐためにもストレッチで正しい姿勢を

32197

柔軟性は、筋肉が温まっているときにストレッチをすることで効果がアップします。
特に寒い時期は、運動の前はからだが冷えているのでストレッチをしても柔軟性は上がらず、かえって筋線維を痛めてしまう原因にもなりかねません。

準備運動としてストレッチを行うときは、最低でも20~30分以上からだを動かし、十分に温めてから行いましょう。

また、からだの左右、前後の柔軟性のバランスが悪くなることによって起きるのが歪みです。

骨盤の左右の柔軟性が違ったり、例えば、骨盤を支える筋肉の左側が右に比べ非常に硬く、右側が脆弱化していると骨盤は左側に傾いてしまいます。

そうなる原因として、普段の悪い姿勢の習慣が関与していると言われています。

柔軟性のあるバランスのよい筋肉を作るためにも、普段からからだを動かすことで習慣化し、正しい姿勢を保つことがとても大切ですね。

プレゼンティズム

毎月、みき歯科三越通りクリニックさんにて、
医療従事者向けのグループトレーニングを行っています。

31966

体調が悪い状態で出社し思うように動けない、肩こり、腰痛、花粉症など、健康問題として意識されにくいなど、このような状態を「プレゼンティズム」と呼ばれています。

プレゼンティズムの弊害の例として
①片頭痛・慢性頭痛
②肩こり
③腰痛
上記の弊害によって生産性の低下、モチベーション、集中力の低下に大きく影響されると言われています。

従業員の健康増進が企業に与える影響として、モチベーションの向上、コミュニケーション向上、欠勤率の低下など生活習慣・運動習慣の改善で、生産性が高まるといった結果も出ています。

健康な従業員が増えれば会社も変わります。
健康経営に弊社のようなヘルスケアに強い企業にお任せすることをお薦めします。

企業へ訪問して、生活習慣病セミナーやストレッチ教室を行なっています。
福利厚生でスタッフの健康管理向上に役立ちます。気になる方はコチラから。

体の硬さが解消されない5つの理由

本や雑誌でみかけたポーズをまねて
「なんとなく」伸ばしていませんか?

31548

ストレッチは、ごくシンプルな動作でできますが
じつは効果を高めるルールやコツがあります。

「続けてもやわらかくならない」という人には
それなりの理由があるかもしれません。

①やり方が間違っている
②ポーズが合わない
③頻度が少ない
④体の形状を無視している
⑤ルールやコツを知らない

同じストレッチをしても
すべての人で同じように伸びるわけではありません。

柔軟性には個人差があり、部位によっても硬い、やわらかいがあります。

しかも年齢、性別、靭帯、腱、皮膚、ケガの病歴や生活習慣の影響まで受けるため、
一人ひとりが得られる伸び感はまさに十人十色です。

プライベートジムNOVASは、最高に気持ちいい「伸び感」をあなたにお届けします。